乾燥肌 対策

HOME > 冬の乾燥肌 対策

冬の乾燥肌

保湿クリーム

冬は、1年を通してもっとも空気が乾燥する季節です。

冷たい北風に吹かれることで皮膚は水分が蒸発しやすくなります。
そして、オフィスや家庭内で使用する暖房の風にさらされて、肌はいっそう過酷な環境に置かれることになります。

また、冬は気温が下がって汗をかくことが減るため、肌の潤いを保つ保湿クリームである「皮脂膜」が作られにくくなります。

対策

日常生活においてもなるべく乾燥を防ぎ、保湿につとめることで外的刺激から肌を守り、かゆみを悪化させない対策をとることが大切です。

エアコンを使うときは、加湿器もつけましょう。
入浴後、すぐに保湿ケアをしましょう。
長時間の入浴は皮脂が抜けすぎてしまうので避けましょう。
刺激物やアルコール、タバコは控えましょう。
※たけのこ、ほうれん草などアクの強い食べ物や、いちご、チョコレートなどかゆみを引き起こすヒスタミンという物質の入ったものは食べ過ぎないよう注意しましょう。
外出時には肌の露出を防ぎ、乾燥した空気と触れるのを避けましょう。


INFO