乾燥肌 対策

HOME > 乾燥肌 改善 > 入浴法

入浴法

入浴時に気をつけること

お風呂

お風呂の温度はややぬるめの37〜38℃が良いでしょう。
熱すぎると肌のバリアー機能がはがれて、カサカサ肌になってしまいます。
潤い肌のために保湿剤入りの入浴剤をお風呂に入れるのも良いです。
皮脂がぬけてしまうので、時間も20分くらいまでに出るほうがいいでしょう。
入浴後は、乾いたタオルでこすらず、ポンポンと軽く押さえる様に水気をキレイに拭き取りましょう。
肌がしっとりしている間に、保湿クリームなどでケアしましょう♪

体の洗い方

洗う

皮膚の細胞は消耗品とはいえ、入浴時などに汚れやアカを必死に落とそうとゴシゴシ、真っ赤になるまで洗うのは肌荒れの手助けをしているのと同じになってしまいます。
「お肌をキレイ」と思うのなら、皮膚のバリアーがはがれないよう、ナイロン素材のタオルは使わないほうがいいでしょう。
タオルを使うなら木綿のタオルを選びましょう。
そして、肌をいたわるようにたっぷりの泡でやさしく洗いましょう。


INFO